けがが治っても指圧でメンテナンス

指圧治療室、新しいレースのカーテンをとりつけた
レースのカーテンを新しくしました

レースのカーテンを新しくしました。紫外線や洗濯でいたんでいたので、遮熱効果の高いものにしました。

 

さて、新型コロナ感染者が激減しているので
2年ぶりに山形県の実家に行きました。
久しぶりに母に指圧をいたしました。
母は、少し前に脚が痛くて歩けなくなった時期があったそうです。
よく歩くようにしたら、痛みは治ったと母は言っていました。89歳にして歩いて治したということに驚きました。

以前、家の前の凍った道で転んで左腕を骨折したところ、肩甲骨、肩、上腕のあたり筋肉が硬くなっていて動きが悪くなっていました。

その後にやはり凍った道で滑って転んで左脚を打撲して治るのにしばらくかかったそうです。左脚は、後ろ側・外側の筋肉が硬くなっていました。痛かったのは多分そのけがの後遺症だと思われました。

けがはすっかり治ったのだと思います。でも、けがのせいで、筋肉が硬くなっています。

ふたつのつらいところを特によく指圧しました。

筋肉が硬くてよく動かないと他のところにも悪影響が出てきます。

指圧などで定期的にメンテナンスした方が良いと思います。

骨折、打撲、肉離れ、脱臼などのけがが治っても痛みがある場合は筋肉が硬くなっていることが多いです。


母のように痛くても自分で歩いたりするのも大切です。

いくら指圧を受けても筋肉は使わないと退化してしまいますから。

高齢者の方が、痛みがあるからと安静にしていて筋肉が弱ることは多いです。

母の体はかなり改善しましたがまた機会をみて指圧をいたしたいと思います。

敬泉(けいせん)指圧治療院

  女性専用の指圧治療院です

   男性の方は紹介者が必要です


調布市染地3-5-77

mail:takakocha@gmail.com

📞042-480-7536

電話またはメールで予約をお願いします

営業時間

月・火・木  9:30~17:30

土     13:00~17:30

 

国家資格 あん摩マッサージ指圧師

    おがわ たかこ     

 小川 敬子